肉まんを食べ続けて音楽活動

何だか無性に肉まんが食べたくなったため、スーパーで冷凍食品の肉まんを買いました。なんと、特価で3個100円だったんです。

ホクホクしながら家に帰りさっそくレンジでチンすると、温めすぎて乾燥してしまったのか、皮がパサパサに。

ラップの包みが甘かった可能性も考慮して、2個目はしっかり肉まん全体をラップに包み、さっきよりも時間少なめに設定してチン。が、やはりパサつき気味。

もしかしてもとからパサついているのでは?と思いながらも、3個目はさっきよりもふんわりめにラップで包み、2個目と同じくらいの時間でチン。ようやくいい感じにフカッとした肉まんになりました。

ラップふんわりめで、蒸気が滞留できる隙間を作るのがミソだったようです。

肉まんは半分にちぎってからかぶって食べる派なので、ちぎってみると、思ったより具が少ない・・・。正直、え、こんだけ?って思ってしまいました。

冷凍の肉まんを食べるのは実は初めてで、いつもはコンビニの肉まんか、某肉まん専門店で買って食べていたので、あれくらいの肉の量が入っているのが当たり前なんだと思っていたんですね。

しかしよく考えると、この冷凍肉まんは3個で100円。特価であることを差し引いても、普段の値段も200円以下のはず。1個当たりの値段はせいぜい60~70円くらいなんですよね。

コンビニの肉まんですら1個100円以上なんですから、そりゃあ肉の量も少なくて当たり前。

夕飯にも肉まんを残しておく予定でしたが、1個じゃ肉が全然足りんと思い、結局3個全部食べちゃいました。

肉まんは肉こそが命だと、しみじみ思ったのでした。

マタニティヨガに通ったおかげで、良いことばかり!

7年前、息子を妊娠した時に、地下鉄構内のパンフレットを見て、マタニティヨガが近くにあることを知りました。
そこは、女性限定のスポーツクラブで、家から徒歩圏内にあることがわかりました。

出産直前まで通えるとのこと、初めての妊娠で出産に不安もあり、同じ妊婦の友達も出来るかもしれないという期待もあって、早速申し込み、通い始めたのは妊娠中期の頃だったと思います。

私は身体が硬い方だったのと、ヨガそのものが初めての経験だった上に、お腹も段々重くなってくる時期だったので、普通のヨガよりはソフトで制限もかけていますと言われましたが、私にはなかなかきつく、じっとりと汗をかくほどの運動でした。

それでも妊娠を機に運動を控えていたので、なまった身体にはとても心地よい運動だったことを覚えています。
お腹が大きくなって、段々難しいと思えていたお風呂洗いも、ヨガの姿勢を取ることで楽に洗うことが出来たり、日常生活にもいい影響を受けました。

一番良かったことは、腰痛が軽減したことです。これは本当に助かりました。
プロが教えてくれる中での運動ですから、何かあったらどうしようという心配もなく、「きつ~い!」などと言いながらも毎週通うのがとても楽しみでした。

一番良かったのは、最後の瞑想のような時間です。
たっぷり運動した後に、マットに横になり、赤ちゃんが産まれてくる時のイメージや、今お腹にいる赤ちゃんの様子のイメージなどを先生が話すのを、じっと目を閉じて聞くという時間でした。

もう1つ、鼻からゆっくり呼吸をすること、呼吸は止めないこと。これを何度も何度もやらされました。
この2つのおかげで、妊婦は陣痛が進むと痛みといきみ逃しの時に息を止めがちで、それが良くないのですが、私は陣痛時の呼吸がとても上手と褒められました。

また、ヨガの瞑想の時間により赤ちゃんと出会う時のイメージを何度もやったおかげで、出産の恐怖もだいぶ和らいだ状態で出産に臨めたと思います。
それに、週数の近い妊婦の友達も出来ました。

2週間違いで出産し、産後もお互いの家を行き来して仲良くし、縁あって同じ幼稚園に入園。ママ友としても仲良くさせてもらうことが出来、今でもお付き合いは続いています。

最近は美容関係の情報交換もしていて、私がマツエクに興味があるというと、このサイト【香川県高松市のまつ毛エクステサロンを勝手にランキング@マツエク】を教えてくれました。

今度二人でマツエクに行ってみる予定です!

マタニティヨガに通っていなければ、出産時はもっとパニックになっていたと思うし、日常生活ももっと大変で、友達も出来なかったと思います。
私は通って本当に良かったと思っています。